« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

樹脂パーツのコーティング

044_2 無塗装の樹脂パーツは年数ともに劣化をし、ツヤ出剤などで光沢を復元させていました。

しかし耐久性はなく、洗車や雨ですぐに流れ落ちてしまい、元の白ボケ状態に戻ってしまいます。

043_3 気になさっている方も多いのではないでしょうか。

特に輸入車、または無塗装の樹脂パーツが多いお車に、樹脂コーティングはお勧めします。

色褪せ白ボケした樹脂パーツを、新品のような状態に復元し、自然な光沢で長期間の持続性が得られます。

また新車時であれば、樹脂部分の保護剤としてもお勧めします。

ご希望の場合は、コーティングご依頼時にお申し付けください。  

| | トラックバック (0)

時代に合ったクオリティー

042 ものづくり世界一の日本が作り上げた「軽自動車」です。

最近ますますクオリティ-が高いですよね。
加えて、維持費&税金の安さ、燃費の良さ、内装も充実している、4WDあり、ターボ車あり、とにかく使い勝手は抜群です。

金額はそれなりになりつつありますが・・・(笑)。
時代に合っている車ですので、もちろんガラスコーティングも多くご依頼をいただいています。


今後も更に進化をし、きっと生き残っていく車達ですね。

| | トラックバック (0)

腹八分目

040塗装面には色々なダメージがあります。

洗車キズ・ウォータースポット・ピンホール・鳥糞によるシミ等様々です。

これらを研磨をし除去していくわけですが、徹底的にすべてを除去するような研磨は避けるべきです。

041大切な車をオリジナルの綺麗な塗装でお乗りいただくため、今後も再度施工するため、十分な余力を残し、お客様にご理解いただいた上でのお引渡しが理想ではないでしょうか。

もちろん可能な限り除去し、十分すぎるほどの光沢です。

何事にもいえることですが、腹八分目って大切ですね。

| | トラックバック (0)

オーナー様の価値観

036_2コーティングのご依頼をいただきました。ご依頼の車は経年車です。
作業前のオーナー様との会話で、「綺麗にビカビカにしてください。」とのご希望。

経年車のオーナー様ではこのご希望が一番多いです。「できる限りやりましょう。」と返事をします。この受け答えにいくまでにたくさんのお話しをしていますので、「できる限りやりましょう」の内側の意味もオーナー様はご理解いただけていると思います。

037_2 プロが施工作業をすれば、お引渡し時のお車が綺麗になっているのは当たり前のことです。
施工終了後のボディを見て心で感動していただけるのがとってもうれしいことですし、とても大切なことだと思っています。

感動をしていただけると、オーナー様はご自分で行動を起こされます。
お引渡し時に「この状態を維持してください」と勧める施工側の意気も感じていただけるからこそ、お手入れもしていただけるのだと思っています。

それはオーナー様にとってプラスをもたらすことですし、洗車や保管場所環境、コーティング剤の特徴などもありますが、いずれも長所ではなく、短所を補うコツをつかんでいただければ、車が愛車に変わっていくのではないでしょうか。

| | トラックバック (0)

手間のかかる作業です

035_2 コーティング作業は大変手間のかかる作業です。

お客様からご依頼いただいたお車を、磨きに入る前の時間のかかる細かな処理作業、細かなマスキング、骨の折れる研磨作業、特にガラス系コーティングは研磨後に、ボディ表面を脱脂をしてからのコーティング作業に入ります。

034 ガラスコート剤自体も施工しやすいものからクセのあるコート剤まで様々です。

その後、最終仕上げへとまだまだ作業は続きます。

樹脂系のコート剤でしたら、幾分気が楽なのですが・・・(笑)

033_2 なるべくオーナー様にご負担のかからない施工料金としていますが、限度があるのも正直な話として受け取っていただければと思います。

| | トラックバック (0)

コーティング施工後のエアロパーツコーティング

032_2

昨年末にご入庫いただいたS様のアルファードです。

年末にかけてのご購入及び施工作業のため、フルエアロが間に合わず、コーティングだけは早めに・・・とご希望でした。

お車ご納車後にコーティング施工をし、年明けにエアロパーツの部分施工で再度お持込みいただきました。

031_3S様のように、エアロパーツ、アルミホイールなどご購入予定で、「コーティングだけは早く施工したい」とご希望の場合は、ご遠慮なくお問い合わせください。ご希望に添えるよう努力いたします。

S様ともお話をさせていただいたのですが、オーナー様のお顔が見えることは、高いレベルの仕事に施工側が引っ張られる要因となっています。

新車はコーティングに対して多くの興味を持って貰うために、経年車は多くの興味を持ってもらった上に更に動機付けをしてもらうために、時間をかけて蓄積してきたセンスや感性を注げればと思っています。

S様、またお会いできるのを楽しみにしております。ご依頼ありがとうございました。

| | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます

0091 2009年の幕開けです。

皆様にとって良い年でありますように心よりお祈り申し上げます。

| | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »