« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

遠方より

247_3 新車のヴェルファイアをご購入なさり、GT-Cのご依頼です。

新車ですが、塗装面を軽く調整させていただき、GT-Cコーティング後、フッ素化コートを塗布しお引き渡しです。

  

245_3 遠方よりご来店をいただき、また  「 汚いままで、すみません。」 とお気遣いもいただき、こちらが恐縮してしまいます。誠にありがとうございました。

ビッグサイズのヴェルファイアですが、小まめな洗車で、維持のコツも掴んでいただければと思っております。

246_2 気がかりなことなどございましたら、お気軽にご連絡をいただきたいと思います。 

  

ライセンスプレートは、しっかりと  “ ご当地ナンバー ”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Black & White

専門店様からのご依頼。

242_2241 

対照的なカラーの2台の “R”

“ ビッカ ビカ ” に仕上げ、お引き渡しです。

240_2244 

32のオーナー様は、某有名レーシングドライバーで、3機目の “R” だそうです。

お引き渡し後は、取材も控えられているとのこと。

243

GTRは魅力的な車ですね

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車載用プラズマクラスター

239 思わず ゲッとん !

さぁ~、効果の程はどうでしょうか・・・?

  

結構人気商品らしいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うず うず

暖かくなってきましたね~。

もう春ですね。

237_2 

お陰様で、仕事のご依頼もありがたくいただいており、休みも取らず作業をさせていいただいておりますが、さすがに・・・・・・・釣りに行きたいです(笑)

釣欲が うず うず と

季節も正直で、どうやら鼻も うず うず としてきてます。

 

スギ花粉は人間だけではなく、車の塗装にも悪影響を及ぼします。

一日降るような雨で、花粉が全て流れ落ちるのであれば良いのですが、パラ雨などで水分と一緒に花粉が残ってしまい、太陽光でボディが焼かれると、やっかいな現象を起こします。

この時期は、できるだけ小まめな洗車を、お勧めします。

238_2

 

  

おー!  また何か・・・・買ってるぞ

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たに

235 以前アルファードで施工ご依頼をいただいたオーナー様、今回は新たに、奥様のご愛車としてご購入され、GT-C施工のご依頼です。

  

  

234_2 オーナー様は当店の近くに、お仕事でもよくお越しになられるとのことで、遠方よりお越しいただいておりますが、すんなりと ご到着。

  

236

GT-C施工後、トップコートにはフッ素化コートを塗布し、お引き渡しです。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだ十分

メンテナンスでご入庫いただいたノート。

232_2

オーナー様は2台のご愛車をお持ちですが、今回2台とも 「買い替え」 をご検討なさっておいででした。

・・・が、さすがに “もったいない(笑)” とのことで、今回はメンテナンスのご依頼です。

233

履き替えをなさったアルミホイールもコーティング、フロントガラス撥水加工も合わせてご依頼です。

オーナー様、まだまだ十分 イケますよ~

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入魂中!

「またやってんの!!!」と・・・言われています。

230 一片の木材から、やっとここまで・・・時間の取れた日にコツコツと作り続けているので、完成まではカメの歩みのようなのろさです。

シールの目ん玉を貼る作業は、まるで命をふき込むようです。

  

この後にクリアーを吹き、通常は完成なのですが、クリア231 ー自体非常に弱く、キズや亀裂などが入りやすいため、ウレタンやセルロースなどのコーティング剤で “ どぶ漬け ”を して、完成です。

プロのルアービルダーとは比べ物になりませんが、まぁ、趣味ですから!楽しんでいます

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保険対応

共に、部分施工でご依頼です。

226 227_2

保険会社には快く対応してもらい、段取りもスムーズに。

228_2 229

それにしても、両オーナー様は感心するほど、綺麗に維持をしておいでです。

両 ご愛車とも、GT-C施工のお客様です。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きっちりと

224 ご納車後、約3ヶ月経過のプレマシー。

洗車キズ等は多少見受けられます、濃色車ほど気になりますよね。

納車直後であっても、何らかのキズはつきものです。

  

225_2 そこはしっかり リセット し、施工作業を進めていきます。

以前も濃色車にお乗りのオーナー様です。

今回は、 「 きっちりと施工を 」 とご依頼をいただきました。

  

223_3

洗車環境の整っていらっしゃるオーナー様です。

ご自分に合ったお手入れのコツを掴まれ、新しいご愛車に愛情を注がれることと思います。

ご依頼誠にありがとうございました。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Compact Open

221_3 GT-C施工でご入庫いただきました、ダイハツ コペン 。

通常より拘った塗装、「ダブルクリアー塗装(5層コート)」 を施されているため、非常に深みのある美しい肌です。

  

220 今回、GT-C施工、及びトップコートにフッ素化コートを塗布しての、お引き渡しです。

お手入れも行き届いていらっしゃるオーナー様ですので、この状態の維持も、お上手になさることと思います。

  

222   

メンテナンスの際は、ご連絡をお待ちしております。

ご紹介の縁もいただき、ありがとうございました。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復 活!

機械は消耗品。

使えば消耗していくものです。 

217_3 218_2   

パーツを交換し、更に強力なパッドに貼り替え、復活です

219_2

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャンディー

ご依頼いただいた300Cツーリング。

216_2 オーナー様は、随分と手を加えておいでです。

足回り、マフラー等はワンオフもの、細かいパーツまで自作で作られているご愛車

  

  

特に、オーナー様自らデザインなさった外装は “ 和 ” を強調したキャンディーカラー。 

通常のボディ塗装とは、一味も二味も違う、特殊な塗装です。

  

215_4 隠ぺい性が低い塗料で、1回・2回・・5回・6回・・・・・と重ね塗りをし、ボトムカラーとの色合いは、深みのある冴えた色味で、正に “ 飴玉 ” のようで、非常に手間暇のかかる職人の仕事です。

214_2

  

貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。

次回お会いできるのを、楽しみにしております。素晴らしいカーライフを!!

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーティングの意義

きっちりと最高の艶を蘇らせ、汚れも付きづらく、付いた汚れも落ちやすく、手入れを楽にすること。

213  

 

本来は、これがコーティングの基本ですよね。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エキスパート

部分施工でご入庫の、レガシィアウトバックです。

212 オーナーのU様は、フライフィッシングのエキスパート。

ご来店いただく度に、刺激的な釣りの話しを聞かせてくださいます。

仕事でも遊びでも、とことんやり込んでいる方の話しは、魅力的で引き込まれます!

「遭難とか、命も落としそうになったこともあったんですよ。」と完全に漁師モード全開です!(笑)

今年も解禁間近で、U様の瞳はキラキラと・・・(笑)

くれぐれもお気をつけ、お楽しみください

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気分も新たに

209_2  ミニワンは、オーナー様のお知り合いの方から、譲り受けられたご愛車です。

あまりご使用されていなかったようで、外装は水アカがこびり付いた状態でした。

   

一度当店に足をお運びいただき、いち早く “ 綺麗に ” とのご相談でしたが、車検更新も控えておられ、全て完了後お持込みをいただきました。

211_3   

すっかり甦った肌にGT-C施工、トップコートにフッ素化コート。

硬軟の理想的なコーティング皮膜です。

  

  

210_2 全てリフレッシュされたご愛車。  お帰りは “ 気分も新たに ”

気がかりなことなどがございましたら、いつでもご連絡をいただければと思います。

ご依頼誠にありがとうございました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっちまったぁ~

荷物が届き、代金を支払った後で訪れる自己嫌悪・・・(笑)

まぁ、、、そんな高額じゃないし・・・と、自分を納得させる・・・(苦笑)

     

ルアー業界も、流行りすたりがあり、どのメーカーも遅れまいと同じような商品を出してきます。

メーカーは購買意欲をそそるような流行を発信し、我々消費者は踊らされているかのようです。

またその流行は非常に短命で、本物のみが生き残り、その数はほんの一握り。

「バスバブル」と言われた当時に比べれば、昨今はまだマシな時代かもしれませんが・・・。

以前は宣伝にあおられ、何から何まで買いあさってた自分もいましたが、バス釣りも経験を積むと、自分に必要なルアーだけを購入するようになります。

実際に自分が使用し、選ばなければ、善し悪しは分からないものですからね。

208

・・・知る人が見れば一応全て価値のあるルアー達なんですけどね・・・(汗)

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »