« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

ベイサイドブルー

ベストR様からご依頼の R34.

ダメージはこんな感じです。

467 468

深いダメージは無いのですが、浅く細かいキズが多く、艶が引けてるようです。

34 のイメージカラー、“ベイサイドブルー” 。

通常 クリアーといえば、「透明」 とイメージしますが、独特な深みのある 青み を出すため、ベイサイドブルーのクリアー層は、微妙に青みがかったクリアーを吹くのだそうです。

キャンディカラーに、近いのでしょうか。

470_2 クリアー一つとっても、様々なタイプがあり、硬化剤と混合することで、はじめて 「クリアー」 と呼ぶそうです。 

硬化剤の混合比率によっても、性質はガラリと変わり、それに応じて、「どのように塗料を吹きつけるかも 変わる」 とのことです。

我々が考えているように(スプレー缶で シューっ と)なんて、簡単なことではなく、塗装は正に職人の世界ですね。

469

美しいベイサイドブルーで、お引き渡しです。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甦りました

今回は R32 、コレクト様からのご依頼です。

GTR といえば、この型・このボディ色 のイメージが強いのではないでしょうか。

今でも、大切にお乗り続けていらっしゃるオーナー様も、おいでだと思います。

中には、雨天時の走行はなるべく控え、“ガレージ保管” “メンテナンスもしっかり” と、良い状態を保たれている車もあるようですよ。

しかし、20年間の歳月は、確実に劣化を進めています。

464 465

塗装面も、例外ではありません。

それでも、ご覧のように綺麗になるんですよ、この車は。

466

塗装の耐久力は、馬鹿にはできませんね。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後まで

施工上、頻繁に使用する マイクロファイバークロスです。

463

ボディにやさしく、コーティングの拭上げ等にも使用します。

使い捨てではなく、何度も洗い使用するのですが、さすがに吸水性も落ちゴワゴワに・・・・・。

誤って、使い古しのクロスでボディにキズ付けないためにも、新品・下ろしたての物・そこそこ綺麗な物・・・乱雑に置くのではなく、扉がある収納で、分かるように区別をして。

最後は、タイヤワックスの拭上げ用に、そして、、、お疲れ様。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Big Dog

テレビ朝日の深夜番組で放送されている、バラエティー番組 「さきっちょ」 って、知ってます?

結構おもしろく、ちょくちょく見てるんですが、そこで紹介されていた  “4足歩行のロボット(?)” が、みょう~に気になって・・・・・。

462

見れば見るほど、、、リアルで・笑えて・ビミョウに気持ち悪い。(笑)

しかし、技術力は凄いですよね。

ASIMOの方が優秀なんでしょうか・・・。

動画はこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏 真っ盛り

461 作業は予定通り、順調に進んでおります。  

我儘も聞いて下さり、段取り良く。 

ありがとうございます。    

460_3 帰宅は遅くなりがちですが、給油に立ち寄ったスタンドで、2匹のかぶと虫をGET

  

夏、真っ盛りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

綺麗に

ご依頼いただいた C200ツーリング。

456 オーナー様はガラス面に、全面撥水加工をなさっており、傷めないためにも、しっかりとマスキングを施します。

 

屋外保管にもかかわらず、内装・外装共に、非常に綺麗で、幸せなC200ツーリングですね。

無駄な研磨は避け、しっかりと艶を引き上げ、ダイヤモンドメイクを施工。

457 458

合わせて、アルミホイールもコーティングです。

定期的な洗車をしていらっしゃるとのことなので、この状態もきっとお上手に維持していかれることでしょう。

459

メンテナンスの際は、お気軽なご連絡を、お待ちしております。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弘法筆を選ばず?

あるテレビ番組で、書道家の方が、「この はね の部分はこの筆でないと・・・。」と、拘っておられ、「弘法筆を選ぶんですよ。」と笑い、お話しをしていらっしゃいました。

その筆は、ある名人の作品だそうです。

  

一流の技術者は、使いやすい道具に拘ります。

もし、見つからなければ、自分で作成したりとか、、、我々磨きや施工者もしかりです。

コーティング業界の話しに出てくる ライト や ポリッシャー、コンパウンド、etc・・・拘ればキリがありません。

施工環境が整っていることに越したことはありませんが、「ここで作業しろ」、「この道具で仕上げろ」と、言われればそれなりにまとめ上げ、きっちり仕事をこなしていく、立派なプロ施工者もいると思います。

しかし、完璧な仕事をこなすのであれば、やはり作業環境はとても大切です。

  

照明が整っており、車に対する作業スペースが十分あれば、施工もしやすいし、細かい箇所まで目が届きます。

455_2 梅雨明け後のいきなりの猛暑、今一番重要視される道具は、以外と エアコン だったりして・・・(笑)

コーティングの被膜形成には、温度と湿度って、重要なんですよ。

  

お客様の中には、、、“ 汗だくとニオイで、自分の車を触って・・・” と、不快に思われる方もいらっしゃると聞きます。  

そうですね、「車を綺麗に」と、ご依頼をいただく サービス業 なんですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い~んです

本日は、 R33 。

S1エンジン を積んだ R33 です。

エンジンルームも キレイですね~。

452 453 

これ い~んです。

全然 違うんです。

さすが ニスモエンジン。

454

ワクワクする車ですね。

ビカビカにしてお引き渡しです。

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタート

ニスモストライプのR34、ベストR様からのご依頼です。

高価なストライプは、傷めないように、手間のかかるマスキングを施します。

449

そして、汚れ、艶が引けているため、ある程度磨き上げます。

ボディが艶々でも、ストライプがくすんでしまっていれば、バランスが取れませんからね。

  

450 7月も後半戦。

  

専門店様は、Rのご納車がラッシュだそうで、ご依頼もそれに応じ、いただいております。

  

そのラッシュも、スタート。 

451

ちょいと 気合いを入れて、、、、頑張れ俺

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車の磨きや

我々の仕事は、「 コーティング屋 」 ではなく、やはり 「 磨き屋 」 だと思います。

美しい状態に車を磨き上げ、はじめてコーティングを施工する訳ですから。

446 447

コレクト様よりお預かりの R34 、ご存知の通り年数が経過した経年車です。

R34は比較的パーツを取り外しやすく、磨きやすい状態から作業を開始できます。

444 445

できることなら、エンブレムも外したいのですが・・・・・・・。

  

仕上がりは、艶々のミッドナイトパープル、いいカラーネーミングですね。

448

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でっぱり(出張)

“ ベストショット ” ということで、画像を送って下さいました (笑)。

443_2 442_3 

以前施工をさせていただいた R32 。

オーナー様は、ベストRのM本さんのブログでちょくちょく登場の、あの方です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご紹介

ランドクルーザー200 のオーナー様よりご紹介をいただきました。

新車をご購入され、「 GT-C施工を 」 と、ご入庫です。

439

屋外保管、色はスーパーブラックということで、オーナー様も 「 維持が難しいんですよね。」 と、ご理解なさっておいでですが、定期的な洗車とメンテナンスもご利用され、維持をなさっていただければと思います。

440_2 GT-C+フッ素化コート、ガラス全面撥水加工、アルミホイールガラスコートの施工をさせていただきました。

オーナー様、楽しいカーライフをお過ごしください。

お連れ様にもよろしくお伝えください。

441

またお会いできますのを、楽しみにしております。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

以外にも

GT-R専門店様からのご依頼です。

436 437

歴史のある車達。

は受け継がれ、現代の 35 へと。

32、33、34、35、ダメージにもよりますが、それぞれ磨くにはクセがあり、私の個人的な意見ですが、以外にも 32 が一番素直に磨け美しい肌へ甦ります。

それは・・・・・塗装の違い です。

438

こちらの R35、現在の塗料、耐スリクリアー、来年にはマイナーチェンジをし、11yスペックへ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルバー

平成16年式 トヨタクラウン のご依頼です。

434 非常に綺麗な状態を維持しておいでですが、更なる豊かな光沢へと。

「この手の色は磨いてもコーティングしても、あまり意味がないんでしょ?」 と、おっしゃるオーナー様もいらっしゃいます。

  

・・・が、維持のしやすさもプラスし、洗車が非常に楽になり、コツを把握されたお手入れをされれば、長期に渡りコーティングの効果を体感される カラー でもあります。

435

また、オーナー様は保管環境も充実していらっしゃるご様子、良い状態を維持されることでしょう。

エシュロンガラスコート+フッ素化コート そして、アルミホイールコートも合わせての施工作業をさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠慮せずに

部分施工でご依頼です。

433_2

ちょっとしたパーツでも、ご遠慮なさらずにお持込み下さい。

お取り付け前であれば、パーツのみでOKですし、ご愛車をお預けになる手間も省けますしね。

  

何なりと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お分かりです

前ご愛車も、ボディカラーは “黒” をお乗りのオーナー様。

430_2 今回のレクサスRX350も、“黒” をご選択です。

どうしても 「この色に魅かれてしまう」 とのお言葉・・・分ります。

黒は、魅了する力を持ってる カラー ですものね。

  

維持にも苦労されるカラーですが、オーナー様はご理解しておいでです。

431_2 キズを付けないようにと、やさしく洗いがちですが、その分取れる汚れも残してしまいます。

  

お引き渡しの際、お渡ししたクロスと、お伝えした要領で、ご愛車の維持をお勧めします。

  432 

末永くお乗りになられるとのオーナー様、メンテナンスの際は、お気軽にお申し付け下さい。

ご縁をいただき、誠にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試作品

429 タフリーインターナショナルから、試作品のコーティング剤が 「試して、結果を報告してね。」 と、届きました。

いつまでたっても同じコーティング剤 じゃねぇ~・・・。

  

やはり、“より優れたモノに進化” していって欲しいのは、当たり前ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご好評

アウディTTのオーナー様より、アルミホイールガラスコートのご依頼です。

428

以前も、コート施工をさせていただいており、今回お履き替えにて、お持込みをいただきました。

気に入っていただいてるようで、何よりです。

また、お会いできますのを楽しみにしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しい時間

425 フロントバンパーの部分GT-C施工で、ご相談をいただいた FUGA です。

施工後2年目を迎えるご愛車ですが、メンテナンスもご利用いただいており、もちろん綺麗な状態を維持なさっておいでです。

が、、、「折角なので・・・・」と、コーティングの新たな張り替えをご希望です。

それに合わせ、デント・リペア、フロントガラス撥水加工もご要望。

426_2 過激に釣り好きのオーナー様、遠方よりお越しいただく度に、釣行のお話しを・・・・・。

今年の春に行かれた沖縄離島の シャローリーフのライトゲームや、私の憧れでもあるGTの釣行話しなど、心魅かれるものがあります。

羨ましい限りです。

これからの時期は、シーバス に没頭でしょうか。

私もいずれは行ってみたい沖縄離島・・・きっとパラダイスでしょうね~。

いつも楽しいお話し、そしてご依頼、誠にありがとうございます。

427

新たにご購入されるご愛車のコーティングご依頼に合わせ、またお二人にお会いできますのを、楽しみにお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイミング

部分施工でご入庫の メガーヌ スポルト。

422 423

ちょうどのタイミングで、メンテナンスをも兼ねて、作業ご依頼です。

屋外保管のご愛車ですが、洗車キズ等はなく、綺麗な状態を維持しておいでです。

フロントガラスには、撥水加工を再度施工させていただきました。

もちろんボディには、フッ素化コートを塗布してお引き渡しです。

424

また新たに、すっきりした気分で、お乗り続けられることでしょう。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生まれ変わり

419 大切に維持をされていたご愛車 タイプ1 です。

不幸にも事故に合われ、幸いにもオーナー様にお怪我はなかったのですが、ご愛車が歴史のあるお車だけに・・・・・。

部分的な加修では・・・・・とのことで、先方も了承され、オールペンをご選択なさいました。

421 仕上がった肌の研磨痕も取り除き、再度 GT-C施工+フッ素化コート。

  

生まれ変わったご愛車に、オーナー様も惚れ惚れ。

    

お引き渡し後はオーナー様自ら、各パーツの取り付けをなさいます。

パーツ、一つ一つも貴重品です。

420

メンテナンスの際は、お気軽にお声をおかけ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »