« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

排気ガス ゼロ

本日より作業開始の  i-MiEV 新しい時代の車です。

まだまだ、クリアーしなければならない問題もあるようですが、すでに「急速充電ができるスタンドも増えてきている。」とのことです。

578

いずれは、当たり前に街中を走る車になるのでしょうね。

電気自動車って、興味が湧きませんか?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっ という間

9月も残り1日。

あっと いう間だったな~。

  

本日お預かり、三菱・i-MiEV。

577

以前施工させていただいたオーナー様の、2台目のご愛車です。

明日から、作業にかかります。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまらない

576

こうゆう“過激な車”が好きな方は、たまらないでしょう。(笑)

サラブレットを、更に調教した車です。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダメージ

すっかり涼しくなり、今年の猛暑は・・・喉元過ぎれば熱さを忘れる・・・でしょうか。

猛暑を通り過ぎ、酷暑と言われた今年の夏。

夏の暑さは、車にもダメージを与えます。

今年の暑さでは、ワイパーゴム が、かなりダメージを受けているとのことです。

ワイパーゴムにとっても、受難の夏だったことでしょう。(笑)

気になる方は点検を。

  

こちらは本日より作業開始の、日産セレナ。

575

新車にて、GT-C施工、全面ガラス撥水加工も合わせてご依頼です。

共に、下地処理作業から。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お引き渡し

572_2    

ご依頼いただいていた スカイラインV36。

本日、ご来店をいただき、お引き渡しです。

  

オーナー様はニッサン自動車で、開発に関わるお仕事をしていらっしゃいます。

573_2     

大変楽しいお話しを聞かせていただき、ありがとうございました。  

ご愛車の V36 も、従来以上の光沢に甦り、また愛情を注いであげてください。

  

574

定期的な再施工が望ましい コーティングです。

次回もお会いできますのを、楽しみにしております。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再度のご依頼

570 チタンガードコートを、2年前に施工させていただいた V36。

オーナー様より、再度のご依頼です。

  

571     

保管環境にお悩みのオーナー様。

カラーはスーパーブラック。

  

惚れ惚れするご愛車に復活させますので、お楽しみに。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あか

ベストR様からのご依頼。   

567

本日もGT-Rの作業。

Rの中でも存在する台数が少なく、その中でも、珍しい赤の33。

  

568

   

また、磨き上げるのも一番やっかいな 33。

仕上がり具合は、こんな感じに。

  

569

お引き渡しに向けて、準備OKです。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は、久しぶりの雨。

結構強く降ったりしていますが、被害の無いことを・・・・・。

雨は必要ですけど、ほどほどが良いですね。

566   

本日当店は、ゆとりの作業。

琴にしろ、ギターにしろ、弦は張り過ぎてもダメ、ゆるくてもダメ、ほどほどの張り具合が、良い音色を奏でるそうです。

何事も、ほどほどに。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中秋の名月

本日は中秋の名月。

しかし、本日は最も遅い猛暑日だったようです。

562 明日からは空気も入れ替わり、こんな食べ物が似合う季節になりますね。

今日の夜食(笑)。 

お隣がコンビニって素晴らしい・・・・・・と、思うこのごろ。

  

565_2    

こちらは作業も終了し、お引き渡し待ちのR34。

コーティングの性能も大切ですが、まずは、「綺麗」。

   

車が綺麗って、い~もんです。

564

   

   

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保険にて

560_2    

GT-C部分施工、ランドローバーのオーナー様よりご依頼です。

お引き渡しに合わせ作業中。

  

561_2    

修復パネル、部分GT-Cガラスコートの他、交換なさったアルミホイールガラスコート、無塗装マットガードはモールコートで、トップコートも含め全て保険にて対応。

  

明日には、オーナー様のお手元へ。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16年戦士

平成6年式 R32 専門店様からのご依頼です。

557 まだまだ現役の車達。

これだけの年数が経過した塗装面は、デリケートな研磨作業が要求される場合があります。

ましてや、ダメージもそれ相応。

  

研磨時レベルの話しですが、塗装は年数と共に柔らかくなっていきます。

558 硬質ゴムを削っているというか、エッジが立たないというか・・・言葉で表現するのが難しいのですが、、、、。

必然的に、塗装にやさしい磨き方で仕上げていきます。

  

ずいぶんと勉強をさせていただき、このような経年車を多く手がけることは、中々できない経験です。

3連休も終わり今週は GT-R ウイーク となりそうで、多くのご依頼をいただいております。

559

てかてかのソリッドの白って、い~でしょう

研磨は終了、これからコーティング。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別塗装色

コレクト様からご依頼のR35。ご納車に合わせて、美しく磨き上げます。

556_2    

塗装工程に手間のかかった、特別塗装のアルティメイト。

554_2   

磨き上げた金属のような質感で、通常塗装面は柚肌と呼ばれる凹凸があるのですが、このカラーの肌は手間のかかる工程を経て鏡のようです。鏡面と呼べば良いのでしょうか。

塗膜は4コートで、トップコートは耐スリクリアーを塗装した、ダブルクリアー使用なんですよ。

ベースコートを含めば、7コートというわけです。

全色かは不明ですが、マイチェン後の11yスペックでは、スクラッチシールドが採用されるそうです。

  

非常に魅かれるカラー。磨いていれば分かる、本当に金属のように見える質感です。

車も魅力的、35を所有するのであれば、私はアルティメイトを選びます。

手入れも楽ですしね。あくまでも個人的な意見です。

555_2

その前に・・・所有も夢だし、まして・・・維持すら 無理ですけど (笑)。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ANNIVERSARY

スカイライン40周年記念に、限定車として発売された R33オーテックバージョン。

553_2 希少車、4枚ドアのGT-Rです。

お引き渡し時には、てっかてかの33に変貌。

ライトレンズがくすみやすい33、しっかり復元し、専用のコート剤で保護。

551_4    

33の顔、大型の無塗装フロントリップスポイラーは、樹脂コーティングで黒々。

ご希望は、GT-C施工。硬化後はフッ素化コートで二重にコート。

  

これからお付き合いなさる、風格の増したご愛車を、末永くお乗りください。

552

この度は、ご依頼誠にありがとうございました。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご要望

雨も上がり、本日はお引き渡し日和。

548 GT-C施工でご依頼いただいた トヨタアルファード、無事にオーナー様のお手元へ。

ご依頼をいただくオーナー様のほとんどどが、コーティング施工に対するご要望を 「楽に、綺麗に、維持 したい。」 と、話されます。

  

549 コーティング施工後の洗車は、綺麗な状態を保つために必要ですが、未施工車の洗車やWAXをかける手間のかかるお手入に比べればはるかに楽です。

コーティング被膜は、汚れも付きづらく、汚れが落ちやすい という特徴もありますが、塗装を守る犠牲膜としての役割もあるのです。

  

せっかくの休日、お手入れで空いたお時間は、ご家族で過ごされたらいかがでしょうか。

550

オーナー様、ご依頼誠にありがとうございました。また、嬉しいお言葉もいただきました。

お近くですので、何か気がかりなことなどございましたら、ご遠慮なくお立ち寄りください。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

差し入れ

以前、施工をさせていただいたお客様が、「近くまで来たので・・・」と、わざわざ差し入れを持って、遊びに来てくださいました。。

「ここのパン結構うまいんですよ。」と、当店近くのパン屋さんに寄って・・・。

547

本日も作業が遅くなりそうなので、夜食にいただきま~す

メタボ化しているおっさんには、この量はキツイかも・・・・・。

  

まっ、いっかぁ。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーテック

GT-C施工で、本日よりお預かり。

ベストR様からご依頼いただいている R33 オーテックバージョン。

4枚ドアの GT-R です。

546

オーナー様ともご相談をさせていただき、「綺麗に永く乗りたい。」 とのご希望で、ご納車に向けて作業を開始します。

  

コンディションの良いオーテック。

545 しかし、経過と共に塗装も劣化をし、洗車キズが入っているのは当たり前です。

オーナー様のご要望に沿うよう、バランス良く仕上げで参ります。

ご納車日には、びっかびかの 33。

   

オーナー様、お楽しみにお待ちいただきたいと思います。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ根性

ちょくちょく拝覧している バスプロのブログ に紹介されていた、全米トップトーナメンターの マイク アイコネリ の動画です。

544

さすがプロという行動、1匹、1グラムで勝敗が決まるトーナメントの世界。

ラインブレイクで、とっさに切れたラインを手で掴み、ボートから離れれば失格となるため、ボートから手は離さず、そのまま バス をボートデッキへ。

意図的にできる行動ではなく、勝敗に対する執念と集中力は、流石トッププロです。

サンデーアングラーであれば、「あ~~~ライン切れちゃった~。」で終わり

捉え方の次元が違います。

    

こちらは、昨日より新車ご購入に合わせ、施工ご依頼をいただいているトヨタ アルファード。

私もプロ施工者のはしくれ、きっちりと作業へ。

543

オーナー様、お楽しみに。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニーズ

当時、私は ホンダディーラーの下請け業者に籍を置いていました。

新車、経年車、毎日相当な台数をこなしていました。時間に追われながら・・・。

もう十数年程前の話しですが、当時から塗装が変わった、薄くなった と、すでに言われていたものです。

今でも、初代オデッセイと2代目オデッセイの塗装の違いは、鮮明に覚えています。

  

通常、研磨作業は キズ、ダメージ を取り除く初期研磨作業から進めていき、キズを除去しながら、自らも研磨キズを付けてしまいます。

そのキズは、次の工程 更に次の工程へと除去していくのですが、処理ができなければ、バフ目・オーロラマークとして、施工後醜い状態として現れます。

自ら付けたキズを消すための工程なのに、当時は研磨工程を重ねれば、評価された時代でした。

無駄な工程を省き美しく仕上げても、“手を抜いた?と・・・” 知識・経験・技術の成せる技なのに。

一部の優秀な諸先輩方は、初期研磨の段階から自らのキズを極力付けず、塗装も必要以上削ることなく、理に適った研磨で美しく仕上げていました。

それは 「プロとして当たり前、磨きの基本でしょ。」 と、おっしゃっています。

 

時代は変わり、今では機械・バフ・コンパウンド等と、研磨に必要な道具も進歩し、プロ施工店さんもそれぞれ・・・・・・。

当時からの知識・経験・技術の成せる効率の良い磨き方は、今ではご依頼いただくオーナー様が求める磨きへ。

  

542_3 ご依頼いただいたスズキ スイフト。

ペイントミストの付着により、再度の施工ご依頼。

お気になさっていた塗装のダメージも、わずかな研磨作業で終了。

フッ素化コートを塗布し、防汚力もアップ。

美しい状態で、お引き渡しへ。

541

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気持

540_3 お預かりの 34 も美しく甦りました。    

ダメージは残るも、磨く前とは雲泥の差です。

S1エンジンを積んだ価値のある車、新しいオーナー様も大切にされていくことでしょう。

  

磨く技術も大切ですが、やらされている磨きと、喜んでもらいたいという気持ちの入った磨きでは、その差も歴然です。

539

気持ちは、、、ご依頼主様から、いただいているのですね。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Used Car

エコカー補助金で下取り車も市場に増え、中古車市場は活発化され、割安感から今後の販売に期待されているそうです。

お気に入りのユーズドカーをご購入され、コーティングのご依頼をいただくお客様も、多くいらっしゃいます。

我々施工者も、美しく仕上がっていく車の作業は大変楽しいものです。

   

538 こちらは本日の作業、ベストR様 よりのご依頼で BNR34 S1 。

  

536_3

   

ハネ を外し、いつも通り細部に渡り、仕上げていきます。

  

ご購入され、そのままお乗りになるより、ご自身のご愛車を美しく蘇らせてはいかがでしょうか。

気分も新たに。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美しいほうが

施工ご依頼いただいた、平成16年式のレガシィB4。

細部に渡りこびり付いてしまった水アカなどで、ボディの艶も引けていましたが、作業終了時には、艶々の真っ白 なご愛車に。

533 GT-C硬化後、フッ素化コートで防汚力もUP。

お引き渡し予定日は、台風通過のためオーナー様とご相談させていただき、翌日へと。

美しくなったご愛車に、ご満足いただけたご様子です。

ご縁をいただき、ありがとうございました。

534

お近くですので、何か気がかりなことなどございましたら、いつでもお立ち寄りください。

  

こちらは、ただ今作業中の スズキスイフト。

535 研磨作業を終了し、脱脂作業を経て、コーティング作業へと移ります。

  

オーナー様、お楽しみに。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミスター孫

誘惑に弱い私、甘い言葉につられて ソフトバンク にチェンジをしたのですが、店内での携帯電話の電波状態が悪く、立ったりしゃがんだりでも・・・・・圏外・・・・・。

ある一定の場所で、アンテナ3本、ということは、、、、携帯はその場所に放置。

そのため固定電話の呼び出し音量は、爆音設定。

機械を使用している作業中は、携帯が鳴っているのも気がつかない場合があり、「忙しそうだねぇ~」 とか、「また釣り行ってるの?」 とか、思いっきり冗談で突っ込まれます。(笑)

冗談で済んでいる内はいいのですが、ご迷惑をかけてしまうと・・・・・・。

そのため、ホームアンテナの申し込み。

532_2   

・・・いや ~~~ 待ちました・・・。

やっと届いた荷物を開けると・・・・・?・・・・・ルーター?

もうすでに、同じ機器が付いているんですけど。。。。。

  

どーゆーこと???

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心の余裕

最近ゴキゲンな ベストRのM本さん

531 お客様のご要望で、わざわざアルミを取り外し、当店に届けていただきました。

本来でしたら、仕事を請け負う私が伺うべきなのですが・・・ありがとうございます。

私が自店を立ち上げる前からお世話になっていた、ディーラー様、整備工場様、専門店様、カーボディショップ様、今でも良いお付き合いをさせていただいております。

バカ話しから、勉強になる話しまで相手をしていただける、気の良い方々ばかりです。

  

昨今では、こんな商売が流行っているそうです・・・・。何だと思います?

それは 「愚痴聞き屋」 さん。

コミニュケーションが希薄になっている現代、本音で話をしたり、愚痴をこぼす相手が・・・・・。

ストレスを抱えて、それをお金を払って愚痴を聞いてもらってスッキリ、またはネット上で、愚痴・自慢・批判・弁解など、本人は気持いいけど、見てる者は・・・・・。

幸いにも私は、まだそれを判断できる 心の余裕 があるようです。お金の余裕はないけど(笑)・・・・・。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日課

毎日の日課。

528_2 賑やかな店舗前を、掃除。

だんだんと、黄色の落ち葉の枚数が増えてきましたねぇ~。

  

530_4   

   

店内も、モップ掛け。 もちろん  こちらも・・・・・。

 

   

車を綺麗にするスペースです。

529_4 ホコリが立たないように、膝をついても、腰を下ろしても、汚れないように。

  

それよりも、お客様が気持よくご来店いただけるように。

  

当たり前のことです。

   

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝

部分施工でのご入庫です。

524_2 オーナー様のセレナは、約1年前にGT-C施工をさせていただき、今回は部分施工のご依頼です。

コーティングを大変気に入って下さっているご様子で、ご愛車の状態も感心するほど 「綺麗」 を維持していらっしゃいます。

コーティングをご理解なさり、お手入れのコツを掴まれた結果だと思います。

施工者にとっては、大変うれしいお言葉もいただき、お引き渡し時には差し入れまでも、、、「ごちそう様です。」

525

またお会いできるのを、楽しみにしております。

  

こちらは、本日より作業開始の レガシィB4 です。

526_3 

多少ダメージも見受けられますが、出来る限りの作業をさせていただきます。

もうしばらく、お待ちください。お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーン

522 1年数ヶ月経過のホンダ インサイト。

以前も施工ご依頼をいただいたオーナー様。

今回も買い替えに合わせ、お持込みいただきました。

お乗り換えのサイクルが比較的早いオーナー様です。

そのため、ご愛車の使用スタイルでのご選択は、「今回はエシュロンガラスコートで」と、適切なご依頼。

クリーンなハイブリット車です。もちろん外装も綺麗でなくっちゃね。

お引き渡し時は、ご覧の美しさです。

523

オーナー様、次回お会いできますのを、楽しみにしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節はめぐる

9月に入っても、まだまだ暑い日が続きますね。

今年は“暑い”という話題ばかりで、もういい加減「うんざり」という方も多いと思います。

それでも、確実に秋は近づいています。

日の落ちるのも随分と早くなり、朝晩は秋の気配を感じます。

早い所では稲刈りも始まり、今年は豊作だとか・・・。

当店前のイチョウ並木の歩道も、黄色一色の絨毯に変わっていくでしょう。

521

当店は駅に割りと近く、お引き取りはお仕事帰り というオーナー様も多くいらっしゃいます。

当然ながら、お帰り時間はまちまちでいらっしゃいますので、遅くなられる場合などは、ご一報いただければお待ちしております。

お気軽にお申し付けください。

しっかりと 「仕上がり具合」 を、ご確認いただくためにも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいま進行中

お預かり中の“インサイト”は、最終仕上げの トップコート 施工中。

520 フッ素化コートを、トップコートとして使用しております。

もともとは、硬化し始めると 徐々に粘り が出るため手塗り施工でしか、対応が難しかったそうです。

施工者とすれば機械を使っての塗布が理想です。

施工も早いし、機械塗布の方が楽ですからね。

そのため改良を重ね、今では機械によるトップコート塗布となっております。

まして最終被膜ですから、ここまでのパーフェクトの仕上りをより引き上げるために、結構神経は使っちゃいます。(笑)

乾燥も含め一晩置き、硬化遅緩剤を除去し、明日にはお引き渡しです。

オーナー様には、楽に・綺麗を・維持して・いただけるために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和と平成

お預かりのW124、無事にお引き渡しです。

515_2 516

ミディアムクラスの最高傑作と言われ、未だに多くのファンがいらっしゃるとのこと。

もちろん “昭和の車” です。

517

オーナーH社長のお言葉をお借りすると、「昭和は物を大切にした時代、昭和の物は味がある。」

おっしゃる通りですね。私にも、少しは理解できるようになりました。

  

こちらは、本日より作業開始の “平成のハイブリット車” です。

518 新しい時代の車。

  

519 磨けば、ガラリと変わるホンダの塗装です。 

オーナー様、お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »