« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

良いお年を

本日を持ちまして、年内の業務は終了です。

景気低迷、補助金終了と業界内では良い話しを聞かない年でしたが、皆様の温かいご支持で、どうにか無事に1年を終えることができました。

改めて御礼を申し上げます。

ありがとうございました。

来年も、今年以上に精進を致す所存ですので、ご指導とご鞭撻をよろしくお願いいたします。

どうぞ、良いお年をお迎え下さい。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年内最後のメンテナンス

店内の大掃除も終わり、もちろん洗車もこなし、事務処理も終了。

忙しくさせていただいた分、コイツらを握るチャンスも少なく、ホコリまみれ。

739_3  

メンテナンスもしてやらないと・・・ねっ!

738_2

   

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も残りわずか

733 美しく仕上がったフォレスターは、本日オーナー様へお引き渡し。

お話しもたくさんお聞かせいただき、ご納得のご様子です。

734   

お引き渡し時には、大変喜んでいただけました。

  

ご愛車の維持にも、力を注がれていかれるそうです。

ご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。

735

こちらにお越しの際は、お気軽に

    

2010年、ラストの作業。

736_3 いつも当店の経理事務処理で、お世話になっているHさん、ご来店?お手伝い?

コーティング施工後、1ヶ月半以上経過のご愛車は、一切洗車をしていないとのこと・・・(涙)

  

なので、、、強制的な 「洗車をお願い~!」 です。(笑)

ご自宅の駐車環境は青空保管で、職場での駐車も青空駐車場。

737

ボディカラーが淡色といっても、初期のダメージは皆無、デポジットは一切なし。

ひじょ~うに、良い状態です。

ダイヤモンドメイク+フッ素化コート施行車です。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーナー様へお引き渡し

新車ご購入に合わせ、コーティングご依頼をいただいていた ホンダフィットRS。

731 本日、オーナー様のお手元へお引き渡しです。

新車にありがちな、ボケた感じの艶感もしっかり克服し、GT-C+フッ素化コート施行。

  

ウインドウ撥水、ホイールコートもご要望いただきました。

小まめな洗車で、綺麗を維持していただけたらと思います。

メンテナンスが必要な際は、ご遠慮なくお申し付けください。

732

美しいご愛車で、新年をお迎え下さい。

ご依頼、誠にありがとうございました。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

順調ですよ

本日より作業開始の、スバルフォレスター。

オーナー様は、遠方より一度ご来店をいただき、色々お話しをお聞かせ下さり、ありがとうございました。

ご自身でも、インターネットやショップへ電話をなさり、随分お調べになられたそうです。

ご自分の眼でご確認をなさるのが、一番良いのかも知れませんね。

730

オーナー様、お話しをさせていただいた作業は順調ですよ。

どうぞ、楽しみにお待ちください。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実は・・・

本日より作業開始の、ホンダフィットRS 。

729 GT-C施行及び、ウインドウ全面撥水のご要望です。

まずは、新車でもあっても多少なり汚れている、ウインドウ面を完全にクリアーな状態へ。

  

ウインドウ撥水加工は、雨天時の視界確保が大きな目的なのですが、実は 撥水成分にフッ素を使用しているため、“ウインドウ面に汚れを付きにくくする” という利点もあります。

728

洗車も楽で、水滴の拭き取りも楽になります。

ウインドウガラス撥水加工のみも、もちろん賜っておりますが、ボディコートとご一緒のご依頼もお申し付けください。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消える魔球

本日は Christmas Eve 。

当店は、、、はいっ、遅くまで仕事です。(笑)

車のボディラインは個性豊かで、さまざま。

そのボディを我々は照明を介し、眼で確認しながら磨いていくのですが、俗にいう “逆アール” と言われる部分・・・見えなくなるんです。

正に、「消える魔球」。

もちろん照明の角度を変え、見方を変え仕上げていくのですが、完璧と思い 車の位置を変えると、「こんにちは~!」 とばかりに取りきれていないキズが・・・。

そうならないように、チェックをしながら仕上げていきます。

また、バフの当て方も、力の入れ具合も微妙な場所。

特に 202 は、、、、。

727_2

いやらしい個所なんです。(笑)

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Xmas前に

724 いつもお世話になっておりますK様より、新たに “ターボS” をご購入とのことで、コーティングのご依頼です。

ボディカラーは専用色のラバグレー。

725   

「クリスマスまでには、返してね。」 とのことで、本日お引き渡しです。

テカテカのご愛車で、お出かけ下さい。(笑)

  

またのご連絡をお待ちしております。

726

ありがとうございました。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうでしょう?

ウールでもウレタンでもない、コットン素材のバフです。

723

キズを除去しながら、やさしく磨き上げることが可能。

もちろんコンパウンドとの相性で、良くも悪くもなるでしょうが、私の使用しているコンパウンドとは、相性が良いようです。

誰でも購入ができ、1個からの注文ができるのもうれしいもんです。

もう少し、様子を見てみます。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残り わずか

今年も残りわずか、、、。

今週いっぱいで仕事納め・・・なぁ~んて方もいらっしゃるのでは?

最後まで気を緩めずに・・・ですね。

  

本日からお預かり、そして作業へ。

722   

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホンダフリード

新車ご購入でご依頼をいただきました、ホンダフリード。

719 新車でも手間を惜しまず、作業を進めて行きます。

取り外したパーツも、コーティング対象。

ドアの内側も、コーティング処理。

      

720_2 ご指示の、リアガラスのステッカーも全て剥がし、GT-C塗布後は充分の乾燥を置き、柔軟性のあるフッ素化コートを。

   

お引き取り時のオーナー様は、 “自然に笑顔が” 。

721

メンテナンスは、オーナー様の美観にお任せしております。

必要な時は、お声をおかけ下さい。

この度はご縁をいただき、ありがとうございました。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発色

717 ダメージを取り除き、くすんだ肌も甦れば、目を引く 35 に。

  

どのカラーもそうでしょうが、汚れが蓄積してしまうと、情けないカラーとなってしまう ソリッドレッド。

  

艶々で発色させれば、魅了的で女性にも好まれるカラー、車によってはインパクトも上がりますよね。

718

「情熱的」 な色です。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

環境

GT-C施行でご依頼いただいたプリウスも、オーナー様のお手元へお引き渡し。

714_2   

オーナー様は 「魅力的なカラー」 とのことで、 202 をご選択です。

魅力的なカラーで魅かれる反面、どうしてもお手入れには、気を使うカラーでもあります。

  

お話しをさせていただいた、洗車方法をお役立ていただき、良い状態をキープなさっていただければと思います。

715

オーナー様の保管環境は “立体駐車場の下部” で、週末でのご使用が多いそうです。

維持をなさるには、保管環境、使用状況も、大切なファクターです。

   

こちらは、昨日より作業開始のホンダ フリード。

716

こちらのオーナー様も、保管環境は “カーポート” をご使用です。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

唯一無二

710 ベストR様からご依頼の R34 。

  

711 GT-C施行も終了し、お引き渡しです。

  

唯一無二のミッドナイトな Z-tune 。

712

私にはとても、所有することも、維持をすることも・・・・・。

   

O/H 費用だけでも・・・笑うしかありません。(笑)

  

713

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お手伝い屋さん

ベストR様よりお預かりの R35 。

ソリッドカラーでインパクトのあるボディ色、もちろん耐スリクリアー塗装です。

日本全国から買い付けをなさっている、ベストR様から多くのご依頼をいただく GT-R達。

その経過年数も把握でき、コーティング施行されている車も少なくありません。

  

35 に限っては約8割に、コーティングステッカーが貼ってあります。

ディーラー指定のコーティングから、最近話題のコーティングまで・・・・。

こちらの 35 もコーティング済みのお車です。

708 新たなオーナー様には ”完璧なリセットでお引き渡しを” とご要望なだけに、再処理をさせていただいているのですが・・・・・・。

このような車達を見て常々思うのですが、、、我々の仕事は “オーナー様のお手入れが楽になるように、オーナー様のお手入れ不足の部分を補う” お手伝いをするのが仕事。

メカニックでもなければ、鈑金塗装屋さんでもなければ、、、車を綺麗にするお手伝いやさん、って、ところでしょうか。

   

昨日より作業の中のプリウスも、GT-C塗布まで終了。

709 

充分乾燥に時間を置き、明日にはトップコート(フッ素化コート)を塗布して、終了予定です。

オーナー様の大切なご愛車の、 「綺麗を維持するお手伝い」 のために。

もうしばらく、お待ちください。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気軽に

土曜日、日曜日は、お客様のご来店が多い曜日です。

今回も、何組ものお客様のご来店をいただきました。

お客様のお話しを聞かせてもらうこと、私が話をさせていただくこと、そしてお客様からお教えいただき気付かせてもらうこと、、、沢山あります。

詳細の記載は避けますが、、、、。

  

お見積り・ご相談・ご質問など、お気軽にどなたでも、お立ち寄りいただくと嬉しく思います。

自動ドアではありませんが、ズカズカと、お入りください。(笑)

707   

“パテントのカタマリ” と言われている、プリウス。

相変わらずの人気で、販売台数も独走のようです。

オーナー様のご期待に添えるよう、本日より作業開始です。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20年

当たり前のようにご依頼いただき、当たり前のように施行させていただいている、R32 。

705_2 もう 20年 経過した車なんですよねぇ~。

20年 と数字で言っても、人間に例えると成人式を迎えるまでの歳月。

ご依頼いただいた 32 は修復歴もなく、オリジナルの塗装。

非常に綺麗な状態です。

  

やさしく磨き上げれば、、、、、。

706_2

  

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラストスパート

当店は、年内30日まで営業しております。

お立ち寄りの際は、どうぞお気軽にお越しください。

  

本日より、 「頑張れ俺」 開始です。 (笑)

704

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日お引き渡し

703 ご依頼いただいた タント も、本日オーナー様へお引き渡し。

  

ご夫妻は、お知り合いの方が “ご愛車を綺麗に維持されてる” のをご覧になり、当店をお勧め下さった とのことで、ご縁をいただきました。

  

こちらのタントは奥様のご愛車、奥様ご要望の作業です。

お引き渡し時には、お心配りの品までいただき、ありがとうございます。

元気なお嬢様とご一緒に、洗車も楽しんでいただけたらと思います。

702

次回、ご主人様のご愛車ご依頼時にお会いできますのを、楽しみにお待ちしております。

気がかりなことなどございましたら、いつでもご連絡、お立ち寄りをいただければと思います。

素晴らしいカーライフを

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お勧め

701_2コイツは、お勧め。

一般家庭でも、スタンダード化された瞬間接着剤。

細かな作業時に中々硬化せず、上手く作業できなかった物でも、サッとひと吹きするだけで瞬時に硬化する便利グッズです。

強度もアップし、何といっても白化しないのが、サイコウ。

  

その名は 「お助けプライマー」 (笑) 

700_3

こ~んなことも出来ちゃいます

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素材

R のボンネットは、ご存知のようにアルミ製ボンネット。

アルミパネルは、「研磨時に熱を貯めないように」 が、セオリー。

最悪の場合、熱でゆがんでしまったアルミパネルは、冷えても鉄板とは違うので、ゆがみは戻らなくなります。

もちろん、熱を与え過ぎてしまうのは、塗装にも良くありません。

今では、そういった研磨ではなくなってきましたが・・・・・。

697 698

  

また、熱を与えてしまうとしても、知識があれば研磨時に調整をすることができます。

車を取り扱うこともしかり、ボンネットを閉める際に、手のひらで押し閉めるのはタブー。

逆に、カーボン製のボンネットであれば、持ち上げた状態で手を離し、「バン」 と閉めてしまうことはタブー。

知っているのと、知らないとでは、仕事に対する姿勢が大きく違ってきます。

ご依頼をいただくお車の中には、希少車と言われるお車も少なくありません。

注意事項をお聞きしたり、こちらからお尋ねしたり、と・・・・・。

ご依頼をいただくお車には、様々な想い、お気持ちがたくさん詰まっているはずですから。

  

こちらはコレクト様より、ご納車前のコーティングご依頼です。

699

やはり 34 は、良い車ですね。

ありがとうございました。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お待たせしました

「空いている時で・・・。」 の言葉に、甘えていた訳ではないのですが、随分とお預かりしていました。

その分、仕上がりも上々です。

696

U社長、い~かんじですよ。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予定は未定

もう、12月も第二週目に突入。

あっと言う間に、クリスマスが来て、年が明けて、正月。

本当に早いもんですねぇ~。

    

今年は “年末ジャンボ” などと、考えていたのですが、、、仕事用にと “コイツ” を購入。

695_4

夢を買うより、、、現実を選んでしまいました。

   

なので、今年も “億万長者” にはなれません。(笑)

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご要望

694_2 お預かりのTYPE Rは、美しく終了。

ボディ全体にあった 小キズ・バフ目 も除去し、本来の艶へ。

水ジミの付いたウインドウガラスも、クリーニング後にハイパーコート。

  

もちろんアルミホイールも、コート済み。

要望にお応えし、作業完了です。

693

M君、お待ちしておりまぁ~す。

    

こちらは、昨日のフィルム施工に引き続き、コーティング作業へ。

まずは、ウインドウ面のクリーニングから。  

と、その前にオーナー様からのご要望の“不要なステッカー剥がし”です。

692

ささいなことですが、お気軽にお申し付けください。

   

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュータント

本日よりお預かりのご愛車は、ダイハツタント。

もう少し“プライバシー性を”と、フィルム施行をご希望です。

691

透過率20%で、品のある濃さに。

明日からは、外装のコーティング作業にかかります。

オーナー様、お楽しみにお待ちください。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なつかしい

以前お世話になっていた某ディーラーのⅠ君 より、久しぶりに連絡が。

出世をなさり、ご活躍とのこと、喜ばしいことですね。

コーティングご依頼は、同じ職場の M君 のご愛車、シビック TYPE R EURO です。

  

・・・で、・・・・・こんな状態。

688_2 689 

はいっ、想定内です。(笑)

  

エシュロン施行のご希望ですが、ちょっとひねった施行をしていきます。

お引き渡しに向けて作業進行中。

690

お楽しみに。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お分かりになる方は

いつもお世話になっております H社長 より、“ご納車前にコーティングを” と、ご依頼です。

社長曰く、「新車なのに何だか、艶・・・ないね。」 と。

  

我々施工店は、新車であっても研磨作業を施します。

小キズ・バフ目・水ジミ・中には納車前のWAXなどを除去し、塗装本来の艶に引き上げること。

柚肌をならすような ハード研磨ではなく、特殊な研磨で1~2工程は必要ではないかと・・・。

これだけの工程の研磨でも、仕上がり時は大きな差に。

ご依頼をいただいたオーナー様は、お気付きになられています。

687_2

ボケた感じの写り込み、、、さぁ、これからご期待に添えるよう、作業開始です。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パトリオット

ご依頼いただいたパトリオットも、本日オーナー様へお引き渡し。

「愛国者」というネーミングにも、インパクトがありますね。

684 お預かりさせていただいた時と比べ、お引き渡し時には カッチリ とした印象へ。

オーナー様は一目で、ご納得いただけたご様子でした。

ありがとうございます。

  

全面ガラス撥水も、ガラス面をクリーニング後に撥水コート。

お手数でなければ、ワイパーゴムの交換をお勧めいたします。

   

685_2 無塗装樹脂パーツ・アルミホイールも、もちろんコーティング処理をさせていただきました。

洗車も楽しんでいただき、きれいな状態を維持なさってください。

   

気がかりなことなどございましたら、いつでもご連絡をいただきたいと思います。

686_2

この度は、ご縁をいただき、ありがとうございました。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »