« 違い | トップページ | そう言えば »

少しでも

導入してから1年以上経過し、すっかり私のお気に入りとなった、フッ素化コート。

コーティングの最終被膜として、またメンテナンス時には、コーティング補充として、欠かせない存在です。

コーティングの目的は、「汚れが付かないこと、綺麗な状態が長持ちすること」 それに挑戦したコート剤です。

下処理から磨き、ベースには大切なガラスコーティングのしっかりした被膜、これらの一連した美しい仕上がりがあり、初めて機能するフッ素化コート。

779

  • フッ素は数種類あり、個々に異なった性質がある話し
  • なぜ、ベースにはガラスコーティングが必要なのかという話し
  • コーティング剤には必要不可欠な、「バインダー」 の話し
  • 難しい原子レベルの話し・・・などなど、ここでは表現できない裏話しまで。(笑)

エルム自工さんには、随分と勉強をさせていただいております。

売りさばくだけのコーティング剤ではなく、しっかりと機能を追求している姿勢には、信頼がおけます。

最近のお話しでは、、「フッ素の素材自体が、マテリアル業界内で新しいモノへと移り変わっている。」 とのことです。

早速、そのサンプルも届いているとのこと。

  

我々は、ご依頼いただくご愛車を美しく仕上げるのは当たり前。

“絶対は無い”コーティング業界。オーナー様のお手入れも必要不可欠です。

それでも、「少しでもオーナー様が、美しいご愛車の維持がしやすいよう。」 ご提供できればと思っております。

  

  

|

« 違い | トップページ | そう言えば »

車のコーティング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1081925/38607934

この記事へのトラックバック一覧です: 少しでも:

« 違い | トップページ | そう言えば »