« 梅雨の晴れ間 | トップページ | 20年の歳月 »

SL320

H社長が、お客様より譲り受けられた SL320。

1005 「廃車に・・・。」 とのことでしたが、 「いやいや、もったいない!」 とのことで、エンジンから修復が必要な個所は全て手を加え、ご自分のご愛車に。
      

“古き味のある車” を好まれる社長から、今回もコーティングご依頼。

1006

私自身は 「…また、試されてる?(笑)」 ですが、取りきれないダメージも、充分にご理解いただいており、お引き渡し時には大変喜んでいただき、コーティング屋冥利に尽きます。
       

今年の夏は “ソフトトップ” に変え、新しいご愛車でお仕事へ・趣味へと。

車の磨き・コーティングの良さを解っていただけることは、私として大変嬉しいことです。

1007

  

   

|

« 梅雨の晴れ間 | トップページ | 20年の歳月 »

車のコーティング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅雨の晴れ間 | トップページ | 20年の歳月 »