« 隔てなく | トップページ | MPV »

省けない大切な工程

昨日より作業開始の、アウディ A4Avant。

1266

オーナー様より、新車ご購入に合わせ施行ご依頼です。

 

ガラス全面撥水のご依頼もいただいており、まずは下地処理から。

1267

油分や汚れなどが付着していなければ、水が弾くことはありません。

ガラス面は、親水性なのです。

撥水剤も、ガラス面に施すコート被膜ですので、クリアーなガラス面に施行するのが理想です。

美しさはもちろん、密着性も上がります。

また、すぐに濡らさず一晩置き、硬化させると更に良いと言われています。

車のボディと同じで、大切なのは下地処理。

 

コーティング剤の性能も大切ですが、それを 生かすも殺すも下地処理。

しっかりとした下地処理があってこその、コート被膜。

新車であっても・・・新車だからこそ、省けない大切な部分です。

 

1268

ご愛車のボディも同様に、多少手を加えさせていただき、コーティングへと進みます。

故に、お預かりする日数もかかってしまいます。

 

 

|

« 隔てなく | トップページ | MPV »

車のコーティング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 隔てなく | トップページ | MPV »