« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

BMW MINI

通常のシルバーとは異なり、更に明るく見える “シルバーホワイト” のMINIクーパー。

いつもお世話になっておりますオーナー様の、新しいご愛車です。

2124

2125

今回は、Gk-Max'で施工させていただきました。

また、フィルム施工もご依頼で 「さり気無い濃さを」 と、ご要望です。

2126_2

今後、ご自身でお手入れをされる際など、気がかりなことなどございましたら、何なりとお問い合わせをいただければと思います。

今後のサポートもお任せください。

この度もご依頼をいただき、誠にありがとうございました。

    

        

| | コメント (0)

無事、復活です

どれだけパソコンに依存した状態だったか、本当に痛感した一週間でした。

施工作業は問題ないのですが、事務関係は崩壊ですからね。

外付けHDにバックアップはしていたものの、なぜだか飛んでいるし・・・。

まぁ、本体のHDが無事だったので、良かった良かった。

多くの方々にお力添えをいただき、ましてやご縁をいただいたお客様からわざわざ電話のアドバイスまで。

私は本当に幸せ者です。

ありがとうございました。

2123

     

      

| | コメント (0)

綺麗になった車達

ご依頼をいただき綺麗になり、オーナー様のお手元へ戻っていったご愛車達です。

隅々まで綺麗になり、艶やかなアルピンホワイトのBMWは、ダイヤモンドメイク+フッ素化コートの施工です。

2

オーナー様のご愛車に対する愛情が、ヒシヒシと伝わる程度の良いお車でした。

メンテナンスもご利用いただき、維持をなさってください。

3

この度のご依頼、誠にありがとうございました。

 

 

「まだまだ、乗り続けたい。」 と、リフレッシュを兼ねてチタンガードコートのご依頼をいただいたのは、ホンダモビリオ。

奥様のご愛車です。

5

デリケートなカラーですが、艶やかな “ミラノレッド” は、惹き付けられますよね。

車が綺麗だと、気持いい。

“気に入っている大切な車” とのお話です。

愛情をそそがれ、お乗り続けられることでしょう。
       

次回はご主人様のご愛車、ご入庫を楽しみにお待ちしております。

ご依頼をいただき、誠にありがとうございました。

4


 

 

| | コメント (0)

少々・・・復活

サブのノートで、強引に復活です。(笑)

色々試みたのですが、どうもデータが・・・(涙)

とりあえず、ブログの更新は可能となりました。

 

もちろんご依頼をいただいております作業は、滞りなく順調です。

ただいま作業中のご愛車は、トゥアレグ。

内装クリーニングもご依頼いただいており、本革シートはザイモールでコラーゲン注入です。

1

 

 

| | コメント (0)

ご迷惑をおかけします

PCが・・・死亡しました。(笑)

更新ができません。

ご迷惑をおかけします。
       

お問い合わせをいただいております方々にも、メールの返事ができない状態です。

お手数をおかけしますが、お電話でのお問い合わせをお願いいたします。

できるだけ早く復旧しますので、よろしくお願いいたします。

    

      

| | コメント (0)

BMW

昨日、オーナー様にお引き渡しが完了しました BMW120ⅰ。

2115

施工後1年間が経過し“メンテナンスを” と、ご依頼です。

女性のオーナー様で、定期的にスタンドの手洗い洗車で維持をなさっていたとのお話しです。

洗車キズも少なく、新たにトップコートの貼り替えをし、艶々のボディへ復活です。

2116

オーナー様ご自身のメンテナンスは “小まめな洗車が一番” です。

中々時間が取れず “洗車がままならない” という方には、このような維持の仕方も、一つの手段だと思います。

この度もご縁をいただき、感謝申し上げます

またお会いできますのを、楽しみにしております。

             

昨日からの作業は、こちらのご愛車。

ブラックカラーのBMWから、ホワイトカラーのBMWへ。

2117

    

      

| | コメント (0)

ホントに綺麗

定期的に施工ご依頼をいただいているオーナー様です。

2112

2113

三年が経過し、屋外保管ですが、ホントに綺麗です。

綺麗な車は、気分も良いですよね。

仕事をさせてもらう私も、必要以上に手を入れてしまいます。(笑)

2114

いつもご依頼をいただき、ありがとうございます。

  

明日は少々早出の為、本日の作業はここまでです。

2111

   

       

| | コメント (0)

当たり前の作業

コレクト様からご依頼をいただきました、ベイサイドの R34 。

専門店様から多くご依頼をいただき、施工作業を重ねていくと、このような個所に手を入れるのも当たり前となりました。

2109

今となっては外さない作業の方が、大変に感じてしまいます。

ハネは全バラ、隅々までキレイにし組み上げる際は “快感” です。

2110

    

      

| | コメント (0)

ボルボV70

前店舗時より、ご縁をいただいておりますオーナー様からのご依頼です。

施工後、四年半が経過したV70です。

2106

ご自宅の外壁工事を伴うペンキミストの付着により、ご相談、ご入庫となりました。

ちょうど、「そろそろリフレッシュを」 と、オーナー様もご思案をされていた矢先だそうです。
           

保管環境も良く、ご自身のお手入れも行き届いており、施工完了すればまるで新車のよう。

六年目を迎えるご愛車とは、思えません。

2107

今回は、RYUSUI月塊を使用。

維持のお手伝いが必要であれば、お声をおかけください。

オーナー様、この度もご縁をいただき、誠にありがとうございました。

2108

     

         

| | コメント (0)

貼り替え

以前からご縁をいただいているオーナー様より “再度リフレッシュを” と、施工ご依頼です。

2105

“綺麗でなければ許せない(笑)” オーナー様は、定期的な貼り替えをご希望で、本日ご入庫です。

耐久年数だけを強調するコーティング。

確かに魅力的ですが、こちらのオーナー様のようなコーティングとの付き合い方も選択の一つです。
      

最近定番化?しつつある、フロントガラスの交換はクールベールに。

そのため、フロントガラスのみの撥水加工もご依頼です。

2104

    

      

| | コメント (0)

心魅かれる車

二台の心魅かれる車達。
      

コレクト様からは、 R32ニスモ のご依頼。

2100_2

20年程経過した R ですが、保管状態の良さには驚きです。

シートの焼けは無し、ステアリングなどはテカリも無い綺麗な R です。

ボディの研磨時にはリアスポイラーを外し、一番汚れの溜まる部分を
リフレッシュ。

2101_2

劣化した塗装を除去すれば、テカテカの 32 へ復活です。

ご依頼、ありがとうございました。

    

12SpecのR35 はベストR様から、イベントに出店されるとのことで、ご依頼をいただきました。

ありがとうございます。

ブラックカラーが、メティオフレークブラックに変更されてからは、この
カラーのみスクラッチシールドが採用されているようです。

2102

スクラッチシールドはキズの復元力に優れたクリアーですが、柔軟な塗装のためデメリットとして、ウォータースポットが出来やすいと言われます。

オーナー様はその辺りを十分考慮し、維持をなさって下さい。

2103_2

    

        

| | コメント (0)

ご要望

コーティング施工されたオーナー様が、ご自身で洗車時に使用される
カーシャンプー。

「何か良いモノはないの?どうせなら拘りたいので。」 と、多くご質問をいただきます。

なので、ご用意いたしました。

弱酸性のカーシャンプーです。

2099

泡立ちも良く、コーティングを痛めず、肌にもやさしい、コーティングメーカーのカーシャンプーです。

ネーミングも良いでしょ。(笑)

   

本日からの作業は、以前よりご縁をいただいておりましたオーナー様のご愛車、ボルボV70。

アルミホイールのカーボンも、すっきりに。

これから養生をし、作業開始です。

2098

    

      

| | コメント (0)

お引き渡し完了

C230は、ベストR様からのご依頼です。

2095

意外と、輸入車の塗装は気難しい国産車の塗装に比べ、磨きやすい塗装です。

実は国産車の塗装の方が、磨く技術が必要と言われています。

C230はブラックボディですが、問題無く終了。

アルミモールの腐食も、スッキリと。

2096

    

こちらのパトリオットは、新車施工後もうじき2年間が経過するご愛車です。

2093

オーナー様より 「メンテナンスを。」 と、ご依頼をいただきました。

感心するほど、綺麗に維持をなさっておいでです。

このタイプのご愛車は複雑な形状上、細部への汚れが溜まり易いのですが、お手入れがきっちりと行き届いているのが、感じ取れます。

2094

トップコートの貼り替えで十分、艶々のご愛車でお引き渡しをいたしました。

今回もご縁をいただき、ありがとうございました。

次回お会いできますのを楽しみにしております。

    

       

| | コメント (0)

トヨタ プリウス

コーティングを検討される場合、色々な施工店に足を運ばれ、実際にご自分の目で確認されることが、一番の選択方法です。

そして、施工者とも直接話しができますしね。
      

こちらのオーナー様も 「コーティングを検討中」 と、何度も足をお運びいただきました。

ありがとうございました。

2090

新車ですが、もちろん下地より作業を開始し、トップコートまできっちりと。

コーティング剤は、RYUSUI月塊 を使用です。

耐久年数だけを強調するガラスコーティングではなく、潤いを感じさせる艶感にも拘ったコーティング剤です。

また、今までのガラスコーティングのデメリットの部分にも、配慮してあります。

2092 

綺麗になった外装、後はご自身で作業中のナビの取り付け等が終了すれば、完璧ですね。
      

この度はご縁をいただき、誠にありがとうございました。

2091_2

お近くにお越しになられた際には、是非店舗へもお立ち寄りください。

お待ちしております。

    

      

| | コメント (0)

簡単に

本日はC230の作業です。

欧州車オーナー様の悩みのタネですね~。

アルミモールの腐食、どうにかならないものでしょうか。

このあたりも、手を加えて参ります。

2089

    

      

| | コメント (0)

釣思考

久々に思いっきり “釣り三昧” だった、夏の休暇。

やっぱり、釣りは楽しい!

2086

私は、「バスフィッシングが大好きだ」 と、改めて再確認。それも強烈に。

     

“の~んびり釣りを” などと言うけれど、釣りはやはりスポーツ。

良い運動にもなるしね。

2087

それよりも、サイズはともかくクオリティーの高い魚達。

散々通ったポイントだけど、まだまだ元気な自然がある事が、何より嬉しい。

2088

    

      

| | コメント (0)

楽しい

ご依頼をいただいた車達が、描いたとおりに美しく仕上がると、今でも施工者として大変楽しいものです。
      

ベストR様からお預かりしていた R34 も終了し、新たなオーナー様のお手元には、ビカビカのベイサイドブルーを。

2082

      

コーティング施工後、二年弱経過した Z33 はメンテナンスのご依頼です。

2083

トップコートの貼り替えをし、新たに履き替えられたアルミホイールにもコ-ティング。

幌は撥水処理を新たに施し、本日オーナー様へお引き渡しです。

2084

いつ見ても、そそられるボディラインですね。

またのご連絡を楽しみにお待ちしております。

ありがとうございました。

     

本日からはご依頼をいただいた新車、プリウスの施工にかかります。

2085

    

     

| | コメント (0)

スバル ルクラ

お預かりしておりましたルクラは、艶々の肌になりオーナー様へお引き渡し完了です。

昨今の軽自動車は、室内の広さや装備等、非常に充実しております。

2080

そのような充実感を気に入られ、ご購入なさったとのことです。

ちなみに、奥様の強いご希望とのことです。(笑)

2078_2

我々施工店でも、塗装質感の向上を感じております。

約二年ほど経過したご愛車、お引き渡し時にはオーナー様にも喜んでいただけました。

     

小まめな洗車で、良い状態をキープなさってください。

メンテナンスが必要な際は、是非お声をおかけください。

この度もご縁をいただき、誠にありがとうございました。

2079

2081

     

       

| | コメント (0)

ベイサイドブルー

ルクラは、ベースコートの乾燥中です。

明日にはトップコートを塗布し、完成予定。

その時間を利用し、 R34 の作業にかかります。
        

久しぶりのベイサイドブルー。

R34 のイメージカラーですね。

2076

    

    

| | コメント (0)

綺麗なカラーですね

本日より、ご依頼をいただいております ルクラ の作業にかかります。

2074

以前にもご縁をいただいたオーナー様で、ご愛車を乗り替えられ、この度もご依頼です。

ありがとうございます。

ボディカラーは、奥様がお決めになられたとのことです。

綺麗なカラーですね。
        

少々 “艶退け感” は感じますが、お引き渡し時には美しいご愛車をお手元へ。

2075

オーナー様、楽しみにお待ちください。

    

    

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »