« 感謝 | トップページ | 調整は必要です »

そうは言うけれど

花粉のダメージ、時期的にも “もう少し” でしょうか。

オーナー様にも、認知されるようになってきたダメージですね。 

2453_2

処理方法もメジャーになり、ケミカル剤を使用しての除去。

塗装面の熱収縮を利用しての復元。

研磨での処理はNG などと言われます。

間違ってはいないと思いますが、完璧にとは・・・・・。

 

見極めによっては、研磨処理にて調整をすることも。

良い事ばかりの情報は、反って不信感を抱かせます。

メリットもあれば、デメリットもある、これはコーティング業界でも言える事ですね。

 

 

|

« 感謝 | トップページ | 調整は必要です »

車のコーティング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感謝 | トップページ | 調整は必要です »