« 準備は OK! | トップページ | ご要望 »

車の顔

おそろしく軽量な “ドライカーボン” のボンネットに変更されています。

カーボン素材のパーツは、最終仕上げとして研磨加工が施されます。

結構な頻度で グリングリン のスクラッチが・・・・・。(汗)

当然グリングリンのスクラッチは、研磨除去となる訳です。

 

ましてや、車の顔と言われるボンネットであれば。

5867_2

 

 

 

 

 

|

« 準備は OK! | トップページ | ご要望 »

車のコーティング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 準備は OK! | トップページ | ご要望 »