« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

わくわくカラー

本日より Newシエンタ の作業に取り掛かっております。

6050

ボディカラーはイメージカラーのイエロー。

気分が明るくなる きれいな色です。

更にイエローは膨張色ですので、目立ちますよね~。(笑)

 

ウィンドガラス全面の撥水加工もご要望です。

ガラス面の汚れは、車の美しさを低減させます。

6051

視界確保と汚れ防止の為に、撥水加工をプラスして。

オーナー様、仕上がりを楽しみになさってください。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

塗装も色々

柔軟な塗装と言われるホンダ車。

新車の艶引きもはっきりと分かり、コーティング施工時は下地処理が重要なメーカーです。

6046

柔軟な塗装だけに、シングルポリッシャーのような熱を加え強烈に磨く研磨は好ましくなく、必要最低限のランダムな研磨で仕上げて参ります。

施工側も美しくなっていく変化が見て取れ、コーティングのプロセスを再確認できるメーカーでもあります。

 

以前から、ご縁をいただいておりますオーナー様です。

ご子息様がご購入とのことで、コーティングご依頼をいただきました。

6045

ご要望のこちらも・・・。

6047

6048

艶々のご愛車をお手元へ。

楽しみになさってください。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

無機質 最強?

ガラスコーティングは、無機質であるべき。

なぜなら、劣化せず塗装を永久に保護するから・・・などど、言われた時もありました。

確かにガラスコーティングは、耐久性という面では優れていますが、ある条件の汚れに対しては、非常に汚れやすく独特のダメージを受けてしまいます。

我々施工者はもちろん、最近ではオーナー様方もご承知かと思います。

 

無機質のガラスコーティング単体では、実は汚れやすい皮膜です。

6040_2

今では無機質から有機質へ変わり、耐久性は変わらず維持のし易いコーティング剤へと変わってきています。

6041_2

更に複層皮膜が主流になり、次の時代のコーティング剤へと進んできています。

深めのダメージでしたがリセットはほぼ完了し、美しいR34に復活です。

6042

6043

ベストR 様へお引き渡しのため、待機中です

 

  

本日からは、ゲレンデの作業に取り掛かっております。

6044_2

以前もご縁をいただいたオーナー様で、お乗り換えになられご入庫をいただきました。

磨き屋泣かせの車です。(笑)   

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

今週は

今週は慌ただしい一週間でした。

ご来店いただいたオーナー様方々、お気遣いをいただきありがとうございました。

この業界の大先輩からのご紹介、2台ともGk-Max'で施工させていただきました。

Gk-Max’は、元祖複層皮膜のコーティング。

定期的なコーティングをご希望のオーナー様にはお勧めです。

 

女性オーナー様の ノート 。

約4年が経過したご愛車です。

6036

6037

 

 

約7年が経過したBMW130ⅰ。

ドライビングが楽しい3Lのマニュアル車です。 

6038

6039

共に、隅々まで手を加えさせていただきました。

 

2台とも、艶の映えるカラーです。

この度はご依頼をいただき、誠にありがとうございました。

綺麗なご愛車で、気持ち良くお乗りになられてください。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

作業に没頭

何も考えず、作業に没頭しま~す。(笑)

6035

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

みなさん きれい好き

日本の中古車は、海外のブローカーからすると、魅力的な市場なんだそうです。

車検制度はあるし、大切に綺麗に乗る国民性の為、程度の良い車が多く国外問わずスポーツカーは特に・・・。

当店をご利用いただくオーナー様方も、みなさんきれい好き。

大切な愛車だからきれいに乗りたい。

きれいな愛車だから大切に乗りたい。

そんなオーナー様方のお手伝いをさせていただきます。

 

 

紺色の R32 は、ベストR様からのご依頼です。

6033

ご納車前のコーティング施工です。

本日、お引き渡しをさせていただきました。

ありがとうございました。

 

 

こちらは アクア のメンテナンス。

6034

随分ご愛車に手を加えられ、大切にお乗りになられているご様子です。

当然、状態もゴキゲンな程に良く、メンテナンス終了後は施工直後のようです。

6032

オーナー様、ご来店をお待ちしております。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

新型プリウス

本日オーナー様へお引き渡しは、こちらのプリウスです。

6029

フルモデルチャンジをし、始めて施工をさせていただきました。

ダメージが目立たなく維持のし易い淡色カラーですが、艶感を得難いカラーとも言えます。

なので、そこは各施工者が工夫をし、トップコートまで仕上げていく訳です。

6031_2

そして維持のし易さや、メンテナンス可能な皮膜へと完成させます。

 

以前からご縁をいただいておりますオーナー様です。

施工をさせていただいたご愛車達も、綺麗に維持をなさっておられます。

今回も美しいご愛車で、気持ち良くお乗りになられてください。

6030

この度もご依頼をいただき、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

S3

アウディS3セダン、始めて施工させていただきました。

6027

アウディのセダン系スポーツカーは、さりげなさ感が素敵です。(笑)

オーナー様も 「乗っていて楽しいんですよ」 と。

 

限定色で発色も鮮やかなブラックカラーは、低撥水タイプのAS-004 + フッ素化コートで施工。

クリア感と十分な艶感は、アズール・シーの特徴です。

6026

アルミホイールのコーティング、ご要望通りのフィルム施工と引き締まったご愛車を、本日お引き渡しさせていただきました。

6028

メンテナンスのお声掛けも楽しみにお待ちしております。

この度はご縁をいただき、誠にありがとうございました。

素晴らしいカーライフをお過ごしください。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

時間を無駄なく

作業時間は有効に使います。

作業中のアウディS3は、ベースとなるガラスコーティングは終了し、強制的に乾燥するのではなく、定着をよくする為に自然に根が張る様に乾燥させます。

6024

面白い事に、艶もゆっくりと上がっていくんですよ。

その後トップコート塗布へと進めます。

トップコートは、樹脂特有のヌメットした艶感を放ちます。

 

 

そして、新型プリウスの作業へと取り掛かっております。

6025

以前からご縁をいただいておりますオーナー様です。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

Dear Monster

釣りの話ですが、今年もシーズンインです。

春はモンスターに会える 1年でもっとも確立の高い季節です。

そのために・・・・・ね。

6023

大人買いです。(笑)

 

 

 

 

| | コメント (0)

今日は すごい

昨日の一日降り続いた雨も上がり、今日はスッキリとした青空。

しかも、風が強い。

そりゃ~飛ぶ訳です・・・花粉が。。

今日の私、体は動くのですが頭が回りません。(笑)

 

S3 は、フィルム施工も終了し、明日からボディへ取り掛かります。

6022

マスタング は、コーティング塗布後充分乾燥し、トップコートへ。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

見える環境

コーティング施工で大切な事の一つとして、ダメージや施工状態が確認できること。

塗面調整時の研磨状態や、コーティング塗布時・塗布後の状態が確認できないと、どんなに優れた技術を持っていても、お座成りの状態で仕上がってしまいます。

“どの様な環境で施工されたか” オーナー様の中で気になさっている方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。

施工環境は大切です。

 

 

ご納車前にお預かりし、コーティング施工を終えた R33。

6020

GT-Rの中でも、程度の良い車両が少ない R33 です。

「でも、33 が好きなんです。」 と言うオーナー様もいらっしゃいます。

6021

可能な限り手を加えさせていただきました。

ベストR様よりのご依頼です。

この度もご依頼をいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

今週は

今週はこちらの2台からスタートです。

6019

国産車・外国車問わず、色々な年式、色々な車種を施工させていただいております。

まだまだ知るべきことも多く、良い経験をさせていただいております。

 

 

来週 3月20日(日曜日)は、久しぶりの休日とさせていただきます。

ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

楽しい磨き

大変お世話になっております方よりのご紹介で、ご依頼をいただきました。

6016

トヨタ アルファード、ボディカラーは 202。

今年で3年目のご愛車です。

202 は維持が難しく、施工者からは “作業に手間のかかるカラー” と、言われます。

6015

それだけに仕上がったご愛車は、オーナー様も大変喜ばれ、施工者も充実感の得られるカラーとも言えます。

深めのキズは残ったとしても、研磨工程は予定通りの2工程で十分。

6017

コーティングの ムラ や ギラツキ も、リカバリーすること無く終了で、楽しい作業でした。(笑)

6018

お引き取りにご来店いただいたオーナー様も、大変ご満足いただけたご様子で、こちらこそありがとうございました。

ご家族で、楽しいカーライフをお過ごしください。

またのお声掛けも、お待ちしております。

 

 

 

 

| | コメント (0)

作業に集中

ちょっと バタバタ しております。

なので、施工に集中です。
         

本日、お引き渡しをさせていただいたご愛車です。

6013

H社長よりご依頼のC300は、AS-003 +フッ素化コートの施工です。

5年が経過したご愛車は、淡色カラーでも感じ取れる艶感は充分。

6014

この度もご依頼をいただき、誠にありがとうございました。

 

 

メンテナンスでご依頼の ランドクルーザープラド 。

屋外保管で、ブラックボディのご愛車です。

大切にお手入れをされていたオーナー様です。

6012

メンテナンス後は 「新車のよう」 と、喜んでいただき帰路に就かれました。

ご愛車がきれいだと、気分も良いですよね。

6011

来年のお声掛けも、また楽しみにお待ちしております。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

お役に立てて

ベストR様よりご依頼をいただいておりました ML は、本日お引き渡しをさせていただきました。

6009

6010

状態の良い車両が、外装のダメージによって・・・・・。

人間中身が大切と言いますが、第一印象はやはり外見ですよね。(笑)

車だって同じ。

愛車が綺麗になると、なぜだか調子も良く感じるもので。

ダメージを取り除き、テロテロになった ML はご覧のように。

6008_2

磨きの力って、あるんですよ。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

きれいですね~

レクサスHS、メンテナンスのご依頼です。

屋内保管で淡色カラー、何よりも重要なのがオーナー様の小まめな洗車。

6007

それにしても、理想的です。

細部のクレンジングと、部分的に付いたデポジットは分解除去のみ。

6006

新たにトップコートをプラスして、お引き渡しです。

補修個所もしっかりと再施工です。

6005_2

オーナー様も大変喜ばれ、こちらこそありがとうございました。

次回のお声掛けも楽しみにしております。

 

 

本日からはこちら。

タワシで擦ったかのような まぁまぁのダメージ。(笑)

6004

欧州車は、日本車より比較的磨きは楽と言われています。

それは硬質な塗装が故に、荒く扱っても綺麗に仕上がってしまう。

それを逆手に取り、ブラックボディでも一工程でこれまでに。

当然研磨痕は残しません。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

MINIじゃない

本日クラブマンは、オーナー様へお引き渡しです。

6002

MINIクーパーS から クラブマンクーパーS へお乗り換え。

大変お世話になっておりますオーナー様です。

もう ミニ と、呼べるサイズでは無くなりましたね~。(笑)

6001

新たなご家族も増え、有意義なドライブには持って来いです。

走りも良いそうですよ。

 

最近のMINIにも、自己修復クリア塗装が採用されています。

研磨には少々 “クセ” のある塗装ですが、問題無くクリアに。

フィルムは洒落た雰囲気を壊さないように、透過率20%をご選択です。

6003

この度もご依頼をいただき、誠にありがとうございました。

また遊びにお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

魅力

ベストR様に、お引き渡し完了です。

5999

新たなオーナー様の為に、美しいご愛車をご提供。

そのようなショップ様です。

R32 こそ、GT-Rの魅力を感じるオーナー様も少なくないはずです。

6000

この度もご依頼をいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

最低限で

ベストR様からご依頼の R32 の作業に取り掛かっております。

もう、30年に手が届きそうな車歴の R32 です。

未だに心を奪われる車、最近では海外でも注目され、とてつもないプライスが付くそうです。

そのような希少車はオリジナルの塗装を残す為にも、施工者として必要以上に磨きたくはありません。

 

最近のボディ研磨は、ダメージを除去しつつ美しく仕上げていく、極力工程を抑えた施工。

5997

ボディカラーや塗装によっては、1工程で終える理に適った施工。

新車には持ってこいですし、このように年数の経過した車にも適しています。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

弥生3月

お陰様で2月は、充実した施工日々を過ごさせていただきました。

働くおじさんは、そのまま3月に突入です。(笑)

アコードのメンテナンス施工、FDの部分施工、そして本日よりクラブマンの施工へと取り掛かっております。

5996

5995

花粉も随分と多く飛び始めている様子です。

この時期は、小まめな洗車を。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

ご提案

ご依頼をいただいておりました アルファード は作業を終了し、昨日オーナー様へお引き渡しをさせていただきました。

5993

新車 ご納車時より艶の増したボディ、細部に渡るコーティング等、ご満足をいただけたご様子です。

5994

ありがとうございました。

メンテナンスのお声掛けも、お待ちしております。

 

本来であれば、ご自身のご愛車はご自身で洗車をし、大切に綺麗を維持することが理想です。

更に、ご愛車の現状状態を把握する上でも、お勧めします。

とは、言うものの 中々時間が取れない 。

大きい車なので洗車だけでも一苦労、冬の寒い時期には・・・夏の炎天下では・・・等々の理由でおっくうになりがちですよね。

5992

オーナー様の中には、ディーラーの有料洗車をご利用なさったり、ガソリンスタンドの手洗い洗車や、キズの入り辛い機械式洗車をご利用なさったりする方もいらっしゃいます。

後のリフレッシュは 「よろしく」 と、メンテナンスをご利用いただくオーナー様も多いのですよ。

そのためのコーティング施工です。

拘りたいオーナー様はご自身で洗車を。

楽に綺麗をご希望でしたら、このような維持も一つの方法です。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »