« アウディQ3 | トップページ | またお越しください »

最小限のダメージで

本日より ニューインプレッサ の作業に取り掛かっております。

7388

以前よりご縁をいただいているオーナー様で、お乗り換えになられご入庫をいただきました。

 

研磨前の下地処理は、新車・経年車を問わず “最小限のダメージでクリーニングを” が、鉄則です。

特にボディに直接触れる鉄粉除去トラップ粘土によるキズは、研磨キズを付けてしまう場合があります。

新車やブラックボディであれば “どうせ磨くのだから” と、言われても作業を躊躇したくなるくらい気を使う作業でした。

その為今ではタオル地状のトラップ粘土を使用し、無駄なキズを抑える為に弱酸性のシャンプーを併用します。

7389

最小限のダメージに抑えられ、しかもスピーディと一石二鳥。

新車でも経年車でも最小限のダメージであれば塗装の研磨量は抑えられますからね。

 

こちらのオーナー様のご愛車は、使用する必要も無くノーダメージ。

艶ボケ解消の肌調整を行い、コーティング作業へと進めて参ります。

オーナー様、お引き渡しを楽しみになさってください。

 

 

 

 

 

|

« アウディQ3 | トップページ | またお越しください »

車のコーティング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アウディQ3 | トップページ | またお越しください »