« メンテナンスを考える | トップページ | 美しいですね~ »

経年車

新車の施工が決して簡単という訳ではありません。

一番良い状態のボディを研磨することにより、逆にダメージを与えてしまわぬように。

美しい状態を、更に美しく仕上げる繊細な作業です。

経年車に限っては、ボディの劣化状態や修復された塗装肌、人為的に付けられた様々なダメージに対応した最適な施工が望まれます。

共に必要以上に手を加えぬ作業が車にとって最適です。

 

ベストR様よりご依頼の Mスペックニュル 。

8171

もう20年に手が届きそうな経年車ですが、その価値は・・・・。

8170

8172

それだけの経年数、色々と勉強をさせていただいております。

作業を終了し、お引き取りにご来店いただきありがとうございました。

 

本日より作業は、約8年が経過したクラウンアスリート。

お世話になっておりますH社長よりのご依頼です。

・・・いゃ~な艶だな・・・ と、思っていましたが細かく拝見すると、WAXたっぷりのご愛車です。(笑)

全ての細部に入り込んだ WAX カス 。

8173

拭き残しも たっぷり 。

8174

美観を損ねるだけではなく、酸化したWAX は汚れを引きつけ塗装表面にダメージを与える原因になります。

研磨やコーティングの邪魔にもなるので、全てを取り除き脱脂後作業に入ります。

 

 

 

 

 

 

|

« メンテナンスを考える | トップページ | 美しいですね~ »

車のコーティング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メンテナンスを考える | トップページ | 美しいですね~ »