« メンテナンス内容 | トップページ | 期待に応えたい »

研磨作業は必要最低限で

ダメージの深いご愛車には、ダメージの深さに伴う研磨が必要になります。

新車には、その塗装に合わせた研磨が必要になります。

共に、必要最低限が理想です。

施工者の本音は、塗装の為には、磨く必要が無ければ磨きたくない。

世の中にコーティング剤を塗布するだけでダメージが全て消え、水あめのような艶が得られるコーティング剤があれば、施工者は大金を支払ってでも飛びつくでしょう。

ましてや、昨今のボディは鉄板が非常に薄く、アルミを採用されているパネルもあり、熱を嫌います。

故に、熱を与えない研磨が必要と言う訳です。

私がこの業界に飛び込んだ時代と、今の研磨は全ての作業内容が別物です。

   

昨日から作業に取り掛かっております トヨタ ハリアー 。

フィルム施工は終了し、ボディへの作業へと進んでおります。

9865

9864

9866

それにしても、昨今のトヨタ車はエアロパーツが複雑な形状ですね~。

細かなマスキング作業、大変です。(笑)

   

       Instaguramrogo_20200129211001

    

    

 

 

 

 

 

 

 

|

« メンテナンス内容 | トップページ | 期待に応えたい »

車のコーティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メンテナンス内容 | トップページ | 期待に応えたい »