« 黒の美しさを知る | トップページ | BMW i3 »

経験値

人は トライ&エラー を繰り返し、マニュアル通りでは得られない知識を蓄えていきます。

私共、コーティング施工者も同じです。

強い薬品を使用する事もあれば、塗装面にハードな研磨処理を施す事もあります。

経年車となれば、塗装を保護する為のマスキングテープ(養生)でさえ剥がす時に、塗装面やメッキ部分を一緒に剥がすことがあったりと、心臓が止まるかと思う経験も……。

しかし  “もっと、もっと美しく”  と、作業を追求するので、我々施工者は厄介な生き物です。(笑)
     

本日の作業予定は、約40年が経過している名車 “AE86 パンダレビン” のコーティング施工でした。  

昨晩お持ち込みをいただいた AE86 のオリジナルの塗装部分は、過度なチョーキング症状に薄っすら下地も見受けられ、お手数をおかけしましたが、未作業のまま本日お引き取りをお願いいたしました。

このまま誤魔化しのコーティング施工も可能ですが、何の為のコーティング施工 なのでしょうか。

名車だけに、今後の事も考えコーティング施工は行わず  「まずは再塗装を」  と、打ち合わせをさせていただきました。

無知と自信だけでは、結果は見えていますからね。

     

こちらは BMW MINIクーパー のコーティング施工ご依頼です。

15696

オーナー様には一度足をお運びをいただき、ご依頼をいただきました。

約3年が経過のご愛車は、車検時にディーラーで買い換えを勧められたとの事ですが  「もう少し乗りたい、ならば美しく」  と、お声を掛けていただきました。

15697156981569915700157031570115702157041570515706

屋外保管のオーナー様は、ご自身で洗車維持をなさっていると伺いました。

ボンネットのデカールライン上の “鳥糞と思われる染み” にもオーナー様はお気付きでした。

デカールライン上は過度な処理は禁物の為、バランス良く整える程度の作業にご理解もいただけました。

細部から無塗装樹脂パーツまで手を加え、美しく仕上がったご愛車に大変お喜びでした。

ホワイトカラー/ブラック・ルーフの美しい MINIクーパー の完成です。

オーナー様、この度はご縁をいただき誠にありがとうございました。

メンテナンス施工もご利用いただけるとの事、お声掛けを楽しみにしております。

   

       Instaguramrogo_20211218184601

   

   

|

« 黒の美しさを知る | トップページ | BMW i3 »

車のコーティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黒の美しさを知る | トップページ | BMW i3 »