« 時間の猶予を | トップページ | 6年のお付き合い »

黒を磨く

腕自慢、磨き自慢で語られる黒い車。

黒と言っても様々あり、特に輸入車やブラックマイカなどはさほど難しく無く、何と言っても 難しいの代表格 は トヨタ の 202 ソリッドブラック 。

塗装を磨くという事は、少なからずキズを入れると言う事。

その研磨目を、目視できないレベルまで隅々仕上げる。

202 を磨き上げる一連のシステムは、商売になるほどです。

その後、洗車+脱脂+ベースコート+トップコート と、作業に気の抜けないカラーです。

淡色カラーであれば問題無いが、202 は納得できる仕上がりにならない。

逆を言えば 202 が仕上げられないのであれば、見えないだけで淡色カラーも同じ仕上がりという事。

その道理を気付いている施工者は、レベルが高いという事です。

   

前車よりご縁をいただいておりますオーナー様で、新たにご購入された ランドクルーザー プラド 。

19027

オーナー様と共に、照明下で洗車キズの多さは確認済です。

新車以上の美しさへ作業を取り掛からせていただきます。

1902819029190301903119032190331903419035

どうしても時間の掛かるカラーです。(笑)

しかし、納得した仕上がりには、施工者も充実感と自信が持てるカラーです。

仕上がったご愛車は正に漆黒の濡れ艶へ。

190361903719038190391904019041

屋外保管のオーナー様です。

維持が難しいのは重々ご存知で、ボディカバーを併用なさるとの事です。

今回もお任せをいただき、施工者冥利に尽きます。

今後の綺麗の維持もお任せください。

この度もご依頼をいただき、誠にありがとうございました。

ご家族で素晴らしいカーライフを。

   

インスタグラムはこちらから

   

   

|

« 時間の猶予を | トップページ | 6年のお付き合い »

車のコーティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 時間の猶予を | トップページ | 6年のお付き合い »