« ステータスに合わせた修理 | トップページ | どうしても時間はかかる »

一人一台

コーティング施工の一連の仕事を行う際、1台に対し多人数で行うのでは無く、一人 もしくは 同じ技量の二人 が理想と言われます。

技術力もバラバラで、美感の感性も違うし 作業スピードも違う。

「仕上がった車の美しさのバランスを取るのが難しいんだよ」  と、多人数での経営者の話を聞いたことがあります。

以外にもオーナー様方からも、そのようなお話を伺ったことが多々あり  “良く見ていらっしゃるんだなぁ”   と、感心した事が……。

   

2018y アウディ RS3  のコーティング再施工のご依頼です。

18938

以前よりご縁をいただいておりますオーナー様で、一度コーティング施工をさせていただいているご愛車です。

日本中を飛び回り、忙しくお仕事をされているオーナー様で  「少々放置気味だった」  と。

今回は AS-008 スリーレイヤーセラミックコートのご希望です。

1893918940189411894218943189441894518946

昨今のコーティング剤は、非常に硬化時間の早いものが主流になりつつあり、高度なコーティング性能をフルに発揮できる反面、施工難度が高いと言われています。

重ね塗りであれば尚更、塗りムラ や ギラツキ等 の施工不良にも注意が必要です。

手慣れた施工者であれば、理想的なコーティング剤と言う者もいます。

仕上がったご愛車は こちら 。

18947189481894918950189511895218953

お引き取りにご来店のオーナー様も、素晴らしい艶に大変喜んでいらっしゃいました。

「また、ちょくちょく寄りますよ」  と、オーナー様です。

他のご愛車同様、メンテナンス施工のお声掛けも楽しみにしております。

この度もご依頼をいただき、誠にありがとうございました。

   

インスタグラムはこちらから

   

   

|

« ステータスに合わせた修理 | トップページ | どうしても時間はかかる »

車のコーティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ステータスに合わせた修理 | トップページ | どうしても時間はかかる »